不動産金融がSEOをするとホームページはどう変化するかについて

不動産金融がSEOをするとホームページはどう変化するかについて

この記事では、「不動産」「金融」関連のホームページがSEO対策を実施し、

検索エンジンのYahoo!またはGoogleで1ページ目に

表示されればホームページはどのように変わるのかについて書かれています。

2018年6月の検索キーワード「不動産」のGoogleの検索結果です。

 

そして、この検索キーワード「不動産」の月間推定検索数と

月間検索アクセスの予測数です。

 

 

成約率1%とすると

1位のサイトでは、76,521 * 1% = 765人

2位のサイトでは、 21,563 * 1% = 215人

3位のサイトでは、15,268 * 1% =  152人

の人が資料請求、賃貸契約、売買契約など何かしらの行動を取ります。

 

これからこの検索キーワード「不動産」で上位表示表示を目指すなら、

まずは、「都道府県キーワード」+「不動産」などの関連キーワードでアクセスを

集めるようにサイトの運営していきます。

 

または、初期アクセスを集めるために、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアも

活用して行きます。

 

ソーシャルメディアはアカウント作成や運営は無料でできるので

必ず取り入れるべきです。

 

さらに予算があるようであれば検索結果のトップへ必ず表示される

PPC広告、リスティング広告を使い検索結果で上位表示させたいキーワードで

広告を出稿します。

 

そして、徐々にPPC広告、リスティング広告の出稿料金を減らし

SEOでアクセスを集めるような環境を構築して行きます。

 

newsカテゴリの最新記事